グラフのウソを見破る技術

本の情報

グラフのウソを見破る技術

アルベルト・カイロ(著)
薮井真澄(翻訳)

なぜ読んだのか

この本はamazonで見かけて興味を持ちました。

仕事において、グラフを作成する機会は意外に多い。
人への結果の報告のためや、自分の考えをまとめるためだったりする。
どちらにせよ、誤解を招くグラフは悲劇的な結果を招く。

では、誤解を与えるグラフの例を学ぶことができれば、見やすく、理解しやすいグラフを作れるのではないか?

そう考えて手に取りました。

内容

グラフを見る人を意図的にだまして、間違った方向に導くグラフと、そこで使われているテクニックが紹介されています。
たとえば、折れ線グラフの目盛をいじったり、グラフを3Dにして視覚的な誤解を誘ったり、ヒストグラムの原点を0にしなかったりなどです。

紹介されているデータは、アメリカのデータが多くとっつきにくい印象です。
とくにアメリカの選挙関連のデータは私にはわかりにくかった。

また、軸を意図的にゆがめていない、フェアなグラフであっても読み手には知識が要求されます。
それらの知識についても紹介されています。

たとえば、データの層化は適切か? 因果関係の主張は正しいのか? サンプリングは適切か? そもそもデータが歪んでいないか? などが語られていました。

読むのにかかる時間

私は5時間ほどだったと思います。
早い人ならば2~3 時間程度で読み切ってしまうのではないでしょうか。

新しい知識

詐欺グラフについては、学生実験レベルでも怒られるようなどこからどう見てもおかしい物が紹介されていた。
「まさか、こんなグラフで何かを主張することはないだろう」と思っていたが、調べてみると、日本でもあるようで、詐欺グラフを紹介したサイトを見つけることができました。

データの背景についての注意点は、新く得たものはないけれど、改めて気をつけないといけないと感じることができ、収穫はありました。

感想

私の期待していた内容とは異なりました。

期待していたものは、意図せず誤解を与えてしまうグラフとそれを避ける方法。
本書に載っているのは、意図して誤解を与えるグラフと、その嘘を、グラフの読み手として回避する方法です。

そもそもタイトルが、「グラフのウソを見破る技術」なのだから、グラフ作成者側の見方を期待した私が悪い。

それでも、「グラフを見る人は多くても読む人は少ない」という考えです。
普段から、「グラフに書いてあるだろう」「なぜこのグラフが読めないんだ?」と感じることが多かったのです。
「グラフを見る人は多くても読む人は少ない」という考えはこの疑問への回答となりました。

では、どうするのか?
メンタルモデルのあるグラフ(広く知られている)を使うことにするのがよいのでしょう。

例えば、本書の最後では、ナイチンゲールのくさび型グラフが、素晴らしいグラフとして紹介されています。
しかし、このグラフは多くの人にとって、メンタルモデルのないグラフです。眺めるのではなく読むことを要求します。つまり、スライドなどにポンと挿入しても全く役に立たないグラフに感じます。

結局、今のところの考えでは、当たり障りのない、情報を省きまくった、「対外用グラフ」と、自分が考えを整理する「自分用グラフ」が必要かな。

コメント

タイトルとURLをコピーしました